三紳工業株式会社 analize more with SANSHIN.
English
畜産農学関連器具
農学関連器具
三紳工業株式会社
   
 

ツマグロヨコバイ類大量飼育箱

 

殺虫剤の効果測定等の目的で、稲の害虫ウンカ、ヨコバイ類を効率的に
大量飼育できます。
エサの取替え作業が簡単にできます。

  ツマグロヨコバイ類大量飼育箱 ツマグロヨコバイ類大量飼育箱
  ツマグロヨコバイ類大量飼育箱 ツマグロヨコバイ類大量飼育箱
  ツマグロヨコバイ類大量飼育箱 ツマグロヨコバイ類大量飼育箱
  ■共通仕様
項目 製品仕様
本体 ・材質:塩化ビニール製
・本体扉はツメ止め。
・サイズは1型、2型共通です。
外寸法 W340mm X D260mm X H340mm
内寸法 W304mm X D250mm X H280mm
飼料皿 ・材質:塩化ビニール製
ステンレス枠 ・材質:ステンレス(SUS304)
共蓋 ・材質:透明アクリル
網張り ・材質:ポリエチレン製 白色
・ オープニング(糸と糸の距離): 181μm
・ オープニングエリア(メッシュクロスの空間率): 38%
・ メッシュ数(インチ間の糸の本数): 縦糸96/横糸76(2.54cm)
・ 線径: 縦糸106/横糸122μm

■個別仕様と価格
型番 一式に含まれる数量 網張り
本体 飼料皿 ステン
レス枠
共蓋
1型本体
のみ
1型×1 0 0 0 背面のみ
2型本体
のみ
2型×1 0 0 0 背面と両側面

用途

 

殺虫剤の効果測定等の目的で、稲の害虫ウンカ、ヨコバイ類を大量飼育する為の飼育箱です。その他の虫や蝶などの飼育にもご利用頂けます。

操作方法

 

■エサの栽培
飼料皿に土を鎮圧して1cmほど入れ、潅水後イネの種もみを均一に播きます。 覆土せずステンレス枠の両側を少し押し広げステンレス枠の弾力で皿の両側面に押し付けるようにして ステンレス枠を皿中の土の上面位まで押し込みます。 アクリル製の共蓋をかぶせ、幼苗を乾燥および寄生昆虫から守ります。 室内の人工照明下で栽培して下さい。 *屋外は、温度変動が激しいため、育苗に手間がかかり不向きです。

■エサの交換
飼料皿は飼育中は、本体下側にのみセットされているので、エサの交換時は、本体を天地逆さまに 置き替えます。 飼料皿中の苗は根の張りとステンレス枠の弾力で落下することはありません。 次に、本体前面の下半分の蓋をスライドさせ、新しいエサを飼料皿ごと挿入します。昆虫が逃げないように 素早く蓋を閉めます。 飼育昆虫の大部分が、新しいエサの方に移動した後、上半分の蓋をわずかに開け、 古いエサにいる飼育昆虫を払い落とし、飼料皿を取り出し、蓋を閉めます。

■清掃
塩化ビニール、アクリル、ステンレス製なので水洗いできます。 洗剤、消毒液も使用できます。 内側のコーナー部分は、清掃がしやすいように工夫されています。

関連部品について

 
品  名
飼料皿 1個
共蓋  1個
ステンレス枠

詳細カタログ・ダウンロード

 
製品カタログ 本製品の詳細カタログはこちらよりダウンロードできます。(PDF・80kB)
 
トップページ
飼料分析機器
食品成分分析機器
畜産農学関連器具
消化試験装置
カニューレ
農学関連器具
ツマグロヨコバイ類大量飼育箱
飼料関連器具
嫌気性菌培養機器
強力小型粉砕器
発生ガス自動計測システム
 
会社概要
リンク
お問合せ
 
三紳工業株式会社
〒222-0001
神奈川県横浜市港北区樽町2-12-1
MOビル1F

TEL: 045-531-7741(代)
FAX: 045-531-9345


サイト内検索

価格及び仕様についてはお問合せください。
  このページのトップへ  
Copyright(c) 2006 SANSHIN INDUSTRIAL CO., LTD. All Right Reserved.
サイトマップ
サイトご利用上の注意事項